嘉手納基地近くの国道58号線の真上を頭上を通過する米軍F15イーグル戦闘機  

スポンサーリンク

沖縄あるある〜嘉手納基地の頭上を通過する米軍F15イーグル戦闘機

初めて、沖縄旅行に行った際、那覇空港から国道58号線をレンタカーで走った時の衝撃を今でもはっきり覚えています。


そこは、日本といいながら外国、そうアメリカのどこかの街を走っている錯覚を覚えました。


1972年の沖縄返還まで大東亜戦争後アメリカに摂取されていたわかけですから当時もその名残を色濃く残していました。

 

国道58号線の上を通過するF15
(国道58号線の上を通過するF15)

 

そして、あの有名な普天間基地を通り過ぎて、嘉手納基地までいくと街行く往来の真上を轟音を響かせながら米軍のF15イーグル戦闘機が高速で飛んでいくのが見えました。


イメージはすぐ頭上を通り越して着陸していきます。

嘉手納基地は米軍の極東最大の米軍基地だそうです。

 

嘉手納基地のF15イーグル
(嘉手納基地のF15イーグル)

 

特に夜間の飛行訓練の際にアフターターバーナーを輝かせながら夜空を飛んでいくF15イーグル戦闘機が印象的でした。

 

そして、路上にはYナンバーの米軍関係者の車が沢山見受けられます。

 

Yナンバー
(Yナンバー車両)

 

もちろん街中にもショッピングセンターにも米兵やその家族らしき達に頻繁に出くわします。


彼らから見れば私達の沖縄旅行者の方がお上りさんなのだと思ういますが・・

それだけ米軍が町に溶け込んでいると言えるでしょう。

スポンサーリンク