沖縄家族旅行で宿泊したカヌチャベイホテル&ヴィラズの旅行記

スポンサーリンク

カヌチャベイホテル&ヴィラズ

大浦湾に面しているカヌチャベイホテル&ヴィラズです。

 

カヌチャベイホテル&ヴィラズ外観
(カヌチャベイホテル&ヴィラズ)

 

割と多くのリゾートホテルが国道58号線側つまり南シナ海側に面しているのに対して逆側の東海岸つまり太平洋に面しているリゾートです。

 

カヌチャベイホテル&ヴィラズの敷地内
(カヌチャベイホテル&ヴィラズの敷地内)

 

カヌチャリゾート内でもゴルフ場も併設されております。
沖縄自動車道を抜けて許田からさらに車で一山超えるイメージです。空港から休憩を入れつつ2時間弱はかかったと思います。


その先には今話題となっている辺野古の海が広がっています。


辺野古への基地移設問題は賛否両論あるもののアメリカ軍基地は現在でもキャンプ・シュワブをはじめほとんどが辺野古を中心に集中しているからだと思います。

カヌチャベイホテル&ヴィラズのお部屋

カヌチャベイホテル&ヴィラズ眺め
(敷地内の高台からの眺め)

 

約80万坪の超広大な敷地にお部屋が点在しています。丘の斜面を利用した低層階のアゼリアに宿泊しました。

 

カヌチャベイホテル&ヴィラズのバスルーム
(バスルームからの眺めです!)

 

ここの良さはガラス張りのバスルームから海が見えることですね。

コテージからの眺めも最高に気持ちが良かったです。
お部屋はカップルには人気が高そうなスイートルームみたいな素敵な部屋でした。

カヌチャベイホテル&ヴィラズの海とプール

敷地は広大で別の場所にプールが2つあります。

ビーチサイドにあるビーチサイドプールとホテルレストランのほど近くに隣接しているガーデンプールがあります。


その他室内のプールもありました。ビーチサイドプールのほうが視線を気にせずのんびりできると思います。

 

カヌチャベイのビーチサイドプール
(カヌチャベイのビーチサイドプール)

 

また、敷地が広く高低差があるので、リゾート内を自由に移動できるカートが借りられましたが確かそこそこの値段したと思います。

 

その他園内を走る無料バスがあったのでそちらで移動しました。もちろん散歩がてら徒歩でもOKです。

 

アゼリアから無料バス
(解放感たっぷりの無料バス)

 

ビーチは人口のプライベートビーチで混雑もなく楽しめます。


またビーチサイドのバーでビールを満喫しました。以前は無かったですが、現在はカヌチャオーシャンパークが期間限定で設置されて子供も大人も楽しめるようです。

 

プライベートビーチ
(結構波と風がありました!)

カヌチャベイホテル&ヴィラズでの食事

朝食ビュッフェも普通に美味しかったです。

洋食・和食・中華ととり揃っていました。


我々が滞在した際は台風の影響であまり天気よくありませんでしたの雨を恨めしそうに眺めつつ食事をした記憶があります。

 

カヌチャベイホテル&ヴィラズのプール
(レストランのすぐ目の前にガーデンプールあります)

 

ちょっとリゾートの外へ食べに出かけるというイメージがないかもしれません。

全てホテルの中で賄えるというかそんなリゾートホテルのような気がしました。(当時は周りになにもありませんでした。)



沖縄宿泊先:カヌチャリゾート/カヌチャベイホテル & ヴィラズ

住所:〒905-2263 沖縄県名護市字安部156-2

電話:0980-55-8880

 

スポンサーリンク